WordPress 子テーマ利用時の留意点

【留意点】

子テーマを利用することで、親テーマがアップグレードされても影響を受けにくくすることが可能となる。
ただし、カスタマイズする場合に基本てなお作法を十分理解しておく必要がある。

1) style.css

親も子も参照されて、子テーマの定義が親の同一定義を上書きしていくので、追加や変更したい場合に、
子のstyle.cssに記述していけばよい。

2) functions.php

子テーマのfunctions.php => 親テーマのfunctions.php の順に読み込まれて、上書きされないので、
同じ定義は2重定義でエラーになってしまう。
基本的に、子テーマのfunctions.phpには追加したい定義を記述していくことなる。

※ 親の定義を上書きしたい場合の操作としては、関数名を変更するとか、いくつかの対処法がある。
ここでは詳細を割愛するが、例えば以下のサイトに分かり易く説明されている。

functions.phpのカスタマイズを子テーマ側で実施する方法

3) その他のテンプレートファイル

index.php, single.php, page.php ・・・といったテンプレートファイルは、子テーマに当ファイルが
存在すれば、そちらを有効ファイルとして参照するし、ファイルが無ければ、親テーマのフォルダーを
検索するようになっている。
従って、適宜カスタマイズしたいファイルを子テーマにコピーして、子テーマ側でカスタマイズすれば、
親のテーマがアップグレードされても影響を受けないようにできる。
また、新たにテンプレートを作成した場合は、子テーマ側に配置しておけばよい。