WordPress サイト引越し手順

1. 引越し元のバックアップ

1) WPインストール先のルートディレクトリー配下の全ファイルをバックアッック(例: public_html

2) wpデータベースのバックアップ(ファイル名: wp_from.sql

phpMyAdmin ツール等を使用してEXPORTを実行

全テーブルがエキスポートできていることを確認すること。データベースのサイズが大きく途中で切れる場合は、mysqldump コマンドを利用するほうが確実にエキスポートできる。

2.引越し先へのリストア

1) wpインストール先のディレクトリー配下に、バックアップ・ファイルをリストア

※ 必要に応じて、フォルダーやファイルのパーミッションを調整

2) wpデータベース用に空のMySQLデータベースを用意しておく (データベース名: wp_to

※ 元のデータベースと文字コードを合わせること(UTF-8

※ 元のデータベースのバージョンと同じほうがバージョン際によるエラーを回避できる。

3) phpMyAdminツール等を使用して、wpデータベースのIMPORTを実行

※ SQLコマンドで言うとイメージは以下の通り

> mysql -u (ユーザー名) -p wp_to < wp_from.sql

4) wp-config.php ファイルを編集して、wpログイン情報を修正する (引越し先の環境情報)

  •  define(‘DB_NAME’, ‘wp_to‘); l
  • define(‘DB_USER’, ‘(ユーザー名)’);
  • define(‘DB_PASSWORD’, ‘(パスワード)’);
  • define(‘DB_HOST’, ‘ (ホスト名)’);

※ ホスト名:MySQLデータベースが置かれているサーバー名

5) URL変換スクリプト(searchreplacedb2.php)を利用して、データベース内のURLを書き換える

※ 変換例: http://from.com -> http://to.com

※ 当ツールは以下のサイトで入手可能。実行時にもサイトにオンラインでアクセスする。

Database Search and Replace Script in PHP

searchreplacedb2.phpをwpインストール先のルートディレクトリ配下にアップロード

② ブラウザより当ツールを実行( 例:http://to.com/searchreplacedb2.php

③ ブラウザのナビゲーションに従って操作する。

  1. Load DB connection values from WordPress? チェックボックスを✔ ➡ Submit
  2. Database details 画面で、先ほど wp-config.php で指定したデータベース接続情報(Server Name=Host Name, Database Name, Username, Password, Charset)が正しく表示されているかを確認 ➡ OKであれば、 Submit DB details を押下
  3. Which tables do you want to scan? の Tables ですべてのテーブルを選択 ➡ Continue    ※ デフォルトですべて選択されている。※ Leave GUID column unchanged? はチェックせず
  4. What to replace? の Search for と Replace with に 元URLと先URLを入力する。
    1. Search for(case sensitive string): http://from.com (例)
    2. Replace with: http://to.com (例)    ➡ Submit Search string を押下
  5. データベースのサイズによりますが、数十秒程度で画面に変換結果が表示される。変換数とかの結果が表示されれば変換が正しく完了している。
  6. 最後に忘れずに、 searchreplacedb2.php を サーバーから削除しておくこと !!!

6) 必要があれば、 .htaccessを、引越し先の環境に合わせて書き換えるなど調整する。

(添付ファイル)   searchreplacedb2.php

– End –