WordPress 子テーマの作成

【作成手順】

・ 子テーマのフォルダを作る
・ 子テーマに必要なファイルを作る
・ 親テーマを継承するためのコードを書く
・ 子テーマを有効化する

1) 子テーマのフォルダーを作る

フォルダー名は任意だが、例えば親テーマが yamada の場合、
子テーマのフォルダー名を yamada-child としておく。

2) 子テーマに必要なファイルを作る

作成したフォルダー配下に空のファイルを用意する。

・style.css
・functions.php

3) 親テーマを継承するためのコードを書く

style.css
( 参考例 )
/*
Theme Name: yamada-child
Theme URI: http://example.com/yamada-child/
Description: Yamada Child Theme
Author: Takeo Yamada
Author URI: http://example.com
Template: yamada
Version: 1.0.0
License: GNU General Public License v2 or later
License URI: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
Tags: light, dark, two-columns, right-sidebar, responsive-layout, accessibility-ready
Text Domain: yamada-child
*/

ここで、以下の2行が必須。
Theme Name:子テーマを識別するための名前を書く
Template:親テーマのフォルダ名を書く

functions.php
( 参考例 )

<?php //子テーマで利用する関数を書く

/*  親テーマのstyle.cssを子に引き継ぐためのコード  */
add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles() {
wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
}

※ 子テーマ側のstyle.cssで@importを利用して親テーマのstyle.cssを呼び出する方法もあるが、
呼び出し速度を考慮して、こちらの方法が推奨されている。

4) 子テーマを有効化する

WordPress管理画面から「外観→テーマ」を選択して、作成した子テーマを有効化する。

(添付ファイル)   functions.php & style.css

– End –